ライン

尼崎市武庫之荘 施工精度確認試験の様子

ライン

建築会社が正しく丁寧に施工されたかを試験している動画です。


尼崎市武庫之荘で建替えをされた御客様の施工状況を確認している動画です。

試験の様子の動画=>尼崎市武庫之荘建て替え工事施工精度確認試験


この試験を行う理由は、建築の正確さを、誰でもわかるような数値であらわすことです。
これからの住まいは、変化の激しい気候に対抗するために、外気温に左右され難いつくりにする必要があります。
その反面、短くなりつつはありますが、日本特有の四季を楽しむ必要もあります。注文住宅である限り、御客様の許される範囲内での
自由な設計も重要です。これらを加味した設計・建築計画において、机上での住宅性能を施工中に出来る限り性能劣化を防ぐことが、
建築会社側の重要事項です。高断熱化住宅と住宅内環境を良好に保つことができる住まいづくりにおいて、丁寧な作りは必須ですが、
そのことを証明することを、建築会社側は行っていないのが実状です。

こちらのお住まいは、この施工の丁寧さ、正確さを証明するために、いろいろな工夫と条件を付加しています。また、単に職人にプレッシャー
を与えるのではなく、モチベーションを最大にまでアップしてもらうことで施工精度の向上を図っています。



動画にも出てきますが、営業担当者と現場監督が画面に向かって、計測前に目標数値を述べています。この数値は、地鎮祭時と上棟確認時にも
施主や関係スタッフのいる中で宣言してもらっています。

その為に、どのような作業や手順が必要なのかは、建築会社側で検討してもらい、試行錯誤の部分も含めて最終試験に臨んでいただくことになります。 検査を行う会社は、建築会社の関係会社ではなく、気密試験の国家資格を持った一般の会社で行います。
社内検査での建築会社側に有利になるような懸念を排除する目的もありますが、一般の会社を使うことで、客観的に見て、今回の施工状態を評価する事も可能になります。
今回のお住まいは、3階建ての床面積が30坪に満たない建物です。
施工上の丁寧さと材料の正確さを、施工完了後の隙間を計測して出てくる数値に置き換える方法をとっていますので、今回のケースは、非情に 不利な状況であることがわかります。床面積対比になりますので、部屋数が同じ場合では、単純に床面積が広ければ分母が大きくなる分、分子である 隙間の数値が同じであれば、比率はよくなる計算になります。

今回の目標値は、1.0cu/uでしたが、測定値が1.1cu/uという結果です。数値目標には、達していませんがすばらしい数値です。
気密を向上させるための気密専用設計を行わずに、また、気密専用材料を使わずに、一部気密パッキンをダクト管周辺に使用しただけでこの数値は 計測会社の試験官も述べているように、すばらしい数値だといえます。
この試験には、お施主様立会いました。結果の数値よりも、建築過程を見て きたそして、その仕事ぶりや熱心さを肌で感じているお施主様には、数値以上にご満足してもらえたようです。





このようなすばらしい住まいづくりをされませんか。
実績が真実を物語ります。お気軽にお電話かメールでご自身で真実をご確認ください。


お客様相談ダイヤル:0798−54−9711
お客様相談メールフォーム:メールフォーム

ご連絡お待ちしています。

Copyright (C) 兵庫県西宮市仁川町6丁目 オカモト企画  All Rights Reserved.
inserted by FC2 system