ライン

大阪府堺市南区高倉台 施工精度確認試験の様子

ライン

建築会社が正しく丁寧に施工されたかを試験している動画です。


大阪府堺市南区高倉台で建て替え新築をされた御客様の施工状況を確認している動画です。

試験の様子の動画=>大阪府堺市南区高倉台 新築工事施工精度確認試験


この試験を行う理由は、建築の正確さを、誰でもわかるような数値であらわすことです。
これからの住まいは、変化の激しい気候に対抗するために、外気温に左右され難いつくりにする必要があります。
その反面、短くなりつつはありますが、日本特有の四季を楽しむ必要もあります。注文住宅である限り、御客様の許される範囲内での
自由な設計も重要です。これらを加味した設計・建築計画において、机上での住宅性能を施工中に出来る限り性能劣化を防ぐことが、
建築会社側の重要事項です。高断熱化住宅と住宅内環境を良好に保つことができる住まいづくりにおいて、丁寧な作りは必須ですが、
そのことを証明することを、建築会社側は行っていないのが実状です。

こちらのお住まいは、この施工の丁寧さ、正確さを証明するために、いろいろな工夫と条件を付加しています。また、単に職人にプレッシャー
を与えるのではなく、モチベーションを最大にまでアップしてもらうことで施工精度の向上を図っています。



施工会社は、毎回、関係スタッフを集めていろいろ検討されて、各現場に最適な方法を考え、また試行錯誤の部分も含めて最終試験に臨んでいただくことになります。
検査を行う会社は、建築会社の関係会社ではなく、気密試験の国家資格を持った一般の会社で行います。
社内検査での建築会社側に有利になるような懸念を排除する目的もありますが、一般の会社を使うことで、客観的に見て、今回の施工状態を評価する事も可能になります。
今回のお住まいも設計上に制限をもうけることなく通常のミサワホームのスタイルで打ち合わせを重ねた自由設計です。
施工上の丁寧さと材料の正確さを、施工完了後の隙間を計測して出てくる数値に置き換えることで立証しようとしています。
当然、家内部や外郭形状が複雑になればなるほど、施工上、隙間が増える可能性が大きくなります。今回の住まいは、気密に関しては、設計上まったく 意識することなく、施主の思いや構造上の制限いっぱいの中で自由に計画してもらいました。それゆえ、施工・材料精度の技術力が試される検査なのです。

計測前に関係者の意気込みを聞いています。
現場監督は、上棟式典時に自信のないコメントをしていましたが、建築を進めてゆく上で今までにない他部署との連携で目標達成の意欲を見せた様子です。
その成果は、結果の数値となって記録されることになりました。

営業マンのコメントにもあるように、お客様の為にいかにして、今まで努力を重ねてきたかを態度で表すがごとくの発言です。
検査の日をまさに、受験を終えてその結果発表を待つがごとく、人事を尽くして天命を待つ、この気持ちにならなければ、営業としてまったく意味を持ちません。
そういう部分にも、ミサワホームの誰よりもお客様の気持ちに近づくことができた現場だったのでしょう。

測定は、正確さをより確実なものにするために2度行いました。。

ミサワホームが私の建物を施工するうえで他社に比べて大変なことは、沢山の実例を作ったことだと言えます。
過去の実績よりも勝る結果を誰しもが期待するようになってきました。
数値だけにこだわるのはナンセンスですが、数値にこだわり、そのプロセスをより確かなものにすることが私の建築の目的でもあります。
今回の住まいづくりは、私の期待に応えてもらえるものだったと確信しています。
今までにない、他支店との連携で、過去の実例から得たノウハウをやっと活用する意味が理解できたようです。
その結果がこのような素晴らしい数値になり、また、お客様を含め、関係者全員がその喜びを歓声となって、心から湧き出したわけです。
実に素晴らしい感動する瞬間でした。
当初の目標値は、1.0cu/uでした。結果数値は、1度目が、0.52cu/u。2度目が0.56cu/u。四捨五入をして悪い数値が採用されますので、認定数値は、0.6cu/uでした。目標値をはるかに上回る素晴らしい結果でした。
気密専用設計も専用工事も専用材料も使わずに施工精度の高さだけで実現することは、並大抵のことではありません。建築に携わるすべての方々の努力の賜物です。施工技術の高さと職人さんたちの努力の成果が実った結果なのです。

設計を担当した建築士のコメントにもあるように、過去のどのような建築工程においても経験することのない本物の住まいづくりを経験できたということに大きな意味があります。設計担当者が単に間取り図面の作成を行っているだけでは、何も役に立ちません。
設計した建物がどれだけ多くの人々の手によって、苦労によって立体化されているかを知ることで、また、その過程をより精度を上げた作り方にすることでお客様の喜びを勝ち得ることができるこの職業の喜びを感じた後の設計業務は、それまでのものとは大きく変わってくることでしょう。

計測した株式会社ピコイの技術者がコメントしているように、並大抵の苦労では無しえない偉業だったわけです。
このような住まいづくりができる理由をこれから住まいづくりをされる方はよく考えて、何が足りないかを理解すると素晴らし住まいづくりになるわけなのです。
このような職人さんたちの熱意と魂のこもった住まいにお住まいになることができるお施主様は、幸せだと私は思いますし、今回の計画に携わった方々すべてが、自分のなしえた仕事で、御客様を幸せにできたことは、みんなが幸せになれるという私の考え方を実践できた証だと思います。




このようなすばらしい住まいづくりをされませんか。
実績が真実を物語ります。お気軽にお電話かメールでご自身で真実をご確認ください。


お客様相談ダイヤル:0798−54−9711
お客様相談メールフォーム:メールフォーム

ご連絡お待ちしています。

Copyright (C) 兵庫県西宮市仁川町6丁目 オカモト企画  All Rights Reserved.
inserted by FC2 system