マイホームがほしくなったら、一番最初に訪れるホームページ 注文住宅専門の相談所。住宅コンサルタント・セカンドオピニオン マイホーム計画は、ここからスタート

オカモト企画の仕事の範囲は、多岐多様にわたります。
可能な限り、具体的に書いて行きたいと思います。

注文住宅におけるすべての工程に対して、オカモト企画に仕事を依頼することは可能です。

過去の実績を例にして、具体的に記載いたします。

尚、あまりにも仕事の範囲が広すぎるために、記載しきれません。

書かれていない事柄に関しては、お手数でもオカモト企画に直接ご連絡ください。

可能な限り、対応を検討させていただきます。

オカモト企画がお客様とハウスメーカー等業者の間に入るメリットとは。

注文住宅を進める上において最も重要な事柄は、お客様・ハウスメーカー等建築会社が双方、互いに言うべきこと、伝えるべきことを確実に行うことなのですが、残念ながら売る側・買う側に分かれている限り、また、お客様と建築業者との絶対的な立場の違いにおけるお客様不利の状況では、正常に行われているとは言えない状況です。

また、建築会社側の担当者が必ずしもお客様のために必要な知識を有しているとは言えない現状が、お客様からの信頼を損なう要因にもなっています。

この部分を誰かが自己犠牲をしてでも、埋めて行く必要があるわけです。
お客様側に置かれましては、建築会社以上の知識と経験・指導能力を有した人材が必要になります。
また、建築会社側も不得手な素人相手の説明ではなく、同等以上の知識を有した人材と話をすることで仕事をスムーズに進めることができます。
何よりも、双方が言いたいけれども言えないことを代行してもらえることは、注文住宅を障害なく進める上では、必要なことなのです。

この誰もが嫌がる仕事をオカモト企画が行うわけです。いろいろな場面でこの役目が必要になり、お客様・建築業者との摩擦がなくなることで、信用・信頼は維持されます。これがオカモト企画を活用される最大のメリットなのです。

では、実際にはどのような仕事を依頼することができるのかを注文住宅の手順に沿って、書いてみましょう。

文章ばかりで大変恐縮ですが、良くお読みいただき、ご理解ください。

最も重要なお金の話。資金・支払い計画に関して

注文住宅における最重要課題は、お金の話です。

・お客様の購入能力(ポテンシャル)をお客様が理解し、自分で計算できるように指導いたします。

・お客様の支払い能力と資金力において、最適な住まいづくりの方法を説明いたします。

・住宅ローンに関しては、住宅の仕組みから借り入れ可能金額、借入適正金額や適切返済金額など、一般的に考えられている住宅ローンの考え方ではなく、住宅ローンを利用してマイホームを購入するとはどういうことなのかまでを理解して、安心して借り入れ計画ができるように指導します。

・住宅ローン支払いに関しての将来に対する不安の解消方法や概念、賃貸暮らしと住宅ローンを使用しての暮らしに関して何がどう違って、どちらがお客様においては良いのかを理解するまで説明いたします。

またハウスメーカーで購入するのが良いのか、その他の建築会社で考えるのが良いのか、新築なのか、中古なのか、マイホーム計画を実行するのが良いのか、時期を待つのが良いのか等に関しても、ご説明・適切なアドバイスを行います。

建築会社の選別方法に関して

資金力と支払い能力がわかると、建築会社の選択ができるようになります。

・各社の特徴を構造面・技術面から徹底分析した内容を理解できるまで、説明いたします。

・ハウスメーカーに対してのお客様からの疑問に論理的な解説を付け加えて、説明します。

ハウスメーカーの選別に関して。

実現可能なハウスメーカーを複数社選択できるまで、徹底的に説明いたします。その後、ハウスメーカーの選定に関して、ハウスメーカー選別会を実施いたします。

・お客様が選択された複数社のハウスメーカーにハウスメーカー選別会参戦の働きかけを行います。

・ハウスメーカー選別会に参戦するハウスメーカーとお客様との面談を実現いたします。

・ハウスメーカー選別会に同席いたします。

・ハウスメーカー選別会中のハウスメーカー側の職責者の説明に対して、不足分を補い、また、不明瞭な部分に関しての徹底的な解説を行い、お客様の理解度を向上させます。

・ハウスメーカー選別会終了後のお客様の決断に関しての伝達を参加したハウスメーカーに連絡いたします。

お客様は、選別会の結果、選択しなかったハウスメーカーに関してもことわりの連絡を行う必要はありません。

また、ハウスメーカー選別会では、お客様の個人情報の開示は行いませんので、ハウスメーカー側にお客様を特定できる情報は伝わりません。

ハウスメーカー選別会後の対応に関して

お客様が選択されたハウスメーカーに関しては、オカモト企画が連絡を行い、お客様の意向を含めた状態で初回面談の日時・場所をお決めします。

・初回面談に関しての人選は、ハウスメーカー側に一任されますが、担当営業マン個人だけではなく、高職責者が必ず責任をもってサブ担当になります。

・初回面談時には、オカモト企画も同席いたします。

・初回面談時に資金・支払い計画をハウスメーカー側として行いますが、その計算方法や考え方に関してもオカモト企画側が指示・指導しますので、間違った計算方法やそのハウスメーカー独自の考え方や提案方法での支払い計画は行われません。より正確で確実性のある支払い計画・住まいづくり計画を行います。

・土地の有無に関係なく、建築士(設計担当者)を同席していただきます。

・お客様が希望する以上の間取り図、生活スタイルを建築士に提案させるように指導します。

・お客様が欲しいと思える住宅を初回時に作成し、実現に向けた具体的なスケジュールを組み上げます。

・土地無しのケースは、建築できる場所と土地を探す手配を行います。

・建築場所のある場合は、事前に建築場所の確認を行い、より具体的な話(仕様や地盤調査等)を行うスケジュールを指示いたします。

土地が必要なお客様の場合の初回面談以降の流れ。

土地の無いお客様であっても初回面談時には、具体的な間取りの作成を行い、お客様が購入できる範囲において、購入したいと希望される、つまりは欲しいと思う建物が建築可能な場所探しが始まります。

・オカモト企画が土地勘がある場合、お客様にベストと思える場所を提案いたします。

・オカモト企画が土地勘が無い場所の場合、そのエリアに対してハウスメーカーを駆使して分析を行い、その結果をオカモト企画が選さいたします。

その結果、お客様に適していると判断したケースは、オカモト企画からも提案いたします。

・上記のケースでない場合、特にお客様からの希望があった場所に関しては、直接現地に出向き、可能性をありとあらゆる面から分析を行います。

その上で出た結果に関して、お客様に報告並びに説明を行います。その結果を見て、お客様が購入するかいなかを判断されることになります。

つまりは、お客様の判断を誤らないように専門家としての解説・分析を行います。

間取り打ち合わせ等、ハウスメーカーとの面談時の対応。

初回面談時以降のお客様とハウスメーカーとの間取り打ち合わせ等に関しての面談には、基本的には立ち会うことはございません。

しかし、お客様からの依頼があったケースに関しては、時間を調整のうえ、同席したします。

尚、オカモト企画が同席した場合、多くのケースではハウスメーカー側からの提案がなくなり、オカモト企画がすべてを進めてしまうことになりかねませんので、できるだけハウスメーカーとの打ち合わせを濃く行い、その中で解決できない事柄か疑問がある場合にのみ、オカモト企画に対して同席依頼をされるようにした方が良いと思います。

計画中のトラブル対処に関して。

注文住宅を計画している間には数々のトラブルが生じます。
オカモト企画は、お客様とハウスメーカーとの間に生じたトラブルに関しては、すべて解消して参りました。その実例を記載いたします。

・間取り打ち合わせ時に、お客様の意向をまったく取り入れることなく予算ばかりに注力してしまう営業であったために、間取り作成が頓挫してしまったケース。

オカモト企画が一度打ち合わせに参加して、その場で約40分程度で現在お住まいの建物概要を作成完了。このことがあったため、初回面談にオカモト企画が同席し、間取り提案を行うことになりました。

・オカモト企画のエリア外のお客様のケース。

担当していた営業(課長)が契約後、打ち合わせにも一切参加せず、お客様に対しても同じ事務所にいるにも関わらず、打ち合わせ時に挨拶に来ず、また、連絡に対してのレスポンスも極端に遅かった。

お客様も長らく我慢をされていたが、堪忍袋の緒が切れ、オカモト企画にVIP待遇とは到底言えない状況を説明。
すぐさま、西宮市まで担当者とその上席者を呼びつけ、数時間説教後、改心させ、その後の対応はお客様が満足行く状況までに回復。担当者並びに上席者が襟を正されたと善処し、このお客様の住まいに関しては、その当時、施工精度確認試験時の結果は、日本全国ナンバーワンになり、その後の施工精度確認試験の底上げに貢献した。

・屋根材に関して、お客様が発注していた商品と違う商品が搬入され、施工寸前のところでお客様が発見。
ハウスメーカーサイドからお客様への謝罪と説明を行うことになったが、大阪本社でのハウスメーカー側複数に対してお客様お一人ということに対して、お客様側から怖いので同席してほしいとの依頼があった。

ハウスメーカー側からは、具体的な内容と原因に関して説明はなく、謝罪の言葉だけでお客様もほぼ承諾していたが、オカモト企画は納得は当然行くものではないために、完全解明をその場で行った。ハウスメーカー側の発注までは、問題無かったが、発注先の屋根業者側で勝手な思い込みでカタログ番号を書き換えていた。

その理由は、通常発注されない商品だったので、通常品と思いこんでそのまま商品として納入した。また、この業務を行っていたのが屋根業者の社長であったため、その後のチェック体制がまったく機能せずに、商品が納入された。その上に現場では、発注番号と納入された商品の確認を行うことなく施工していたことが原因だった。

これに対して、当然ながら発注先でのチェック強化はもちろんのこと、納入時のチャックを徹底するように指導・指示を行うことで、その後、この現場では、同様のトラブルは起こることはなかった。

沢山ありますので、都度更新しますが、このように注文住宅計画進行に関しては、予測不可能なトラブルが沢山起こります。

当然ながらトラブルが起こらないように最善を尽くし、リスク管理を徹底させますが、それでも起こってしまいます。

起こったトラブルに関しては、契約時に交わされる書類に準じて、原状復帰できるようにオカモト企画は尽力しております。

各種行事関係。

注文住宅では、いろいろな行事が行われます。
それらに関しても、オカモト企画は同席いたします。

・土地確認に関しては、お客様からの要請があれば、現地に行きありとあらゆる可能性を検討いたします。

・地盤調査に関しても、お客様の依頼があれば現地での指揮・指導・確認と説明を行います。

・請負契約時には、必ず同席いたします。
契約内容、重要事項説明(建築士法24の7に関する書類)、契約約款の説明に立ち会い、すべての内容に関してお客様が予期せぬ事態にならぬよう、また、そのようなトラブルが生じた場合の対応に関して説明を行います。

また、リスク管理の観点において、契約約款に記載されている内容に関して、お客様不利な文面に対して、お客様が優位になるための確約を行わせます。

・地鎮祭に関しては、お客様からの依頼がある場合は同席いたします。
オカモト企画が同席した地鎮祭はオカモト企画流の方法になりますので、楽しく思い出になる地鎮祭になります。その反面、業者側はこれから行われる工事に関して、お客様に明確な数値をもって丁寧さを約束させられる大変重要な瞬間でもあります。

・上棟立ち合い時に関しては、お客様の依頼があれば同席いたします。
上棟簡易式典等ある有無に関係なく、参加する人に関してはオカモト企画側からハウスメーカー側に連絡します。
参加するしないは当人の考え方ですから強要はいたしませんが、参加しないと後々何かが起こった場合には、不利な状況になる可能性を含ませた人選になります。
また、参加者全員が揃っている場所でハウスメーカー側には、工事に関しての絶対目標、丁寧な施工を実証するための数値の発表も行うことになります。
ここで発表された数値で施工精度確認試験時に目標達成なのか未達なのか判明し、職人をはじめ建築に携わった方全員の努力内容がお客様にもわかるようにしています。

・施工精度確認試験には、かならず同席いたします。
上棟時やそれ以前に約束された数値目標がクリアーされたかどうかを気密測定機器を使って試験します。試験を行う会社は、国家的にライセンスをもった社外の専門会社で行います。

この結果は、動画としてアップしておりますので、そちらもご覧ください。

●施工精度確認検査の動画集

担当する営業マンに関して。

オカモト企画はハウスメーカーの住宅営業やその上司・高職責者を指導する立場にあります。

彼ら向けの教育指導やセミナーも行っております。
オカモト企画の目で見て、担当する営業マンがたとえプアーであっても、オカモト企画の指導の元、真面目に仕事を遂行できれば担当する営業マンの質は問いません。

しかし、常識のない営業マンやどうしても使えない営業マンのケースでは、その内容をお客様にお伝えし、お客様の意向が担当者の変更である場合は、ハウスメーカー側に担当者の変更を指示します。

オカモト企画は、お客様に置かれましてハウスメーカー側に置かれましても、共に満足の行く住まいづくり計画を実現したいと考えておりますので、余程の問題がない場合以外は、担当営業を変更することはありません。

むしろ勉強させることで本当の営業マンとして成長させてあげたいと考えております。

上記以外にも書ききれないほどの対応実績、仕事内容です。

注文住宅計画の数と同じぐらいの事象が生じます。

記載している内容は、その一部です。ご自身が期待している内容や知りたい内容が御座いましたら、是非、オカモト企画にご連絡ください。

お客様相談ダイヤル:0798-54-9711

お客様相談メールフォーム:メールフォーム

ご連絡お待ちしています。

inserted by FC2 system